忍者ブログ
日々の独り言を通して、熱い介護職人たちの集う 高齢者福祉・医療の情報交換の場 になったらいいな
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
参加ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 介護ブログへ
 
プロフィール
HN:
DIO
性別:
男性
職業:
介護士(来年度から看護学生)
自己紹介:
4月から看護学生になります。
職業 介護士ではなくなってしまうので、”介護士の独り言”ではなくなってしまうのかなぁ。
4月からは”看護学生の独り言”?
う~ん、微妙・・・。
最新コメント
[06/11 to0922]
[05/06 DIO]
[05/06 DIO]
[05/03 to0922]
[04/22 to0922]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
もしもドロップシッピング Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー powered by  PRチェッカー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とある利用者さんのご家族より、在宅でみたいとのご要望がありました。

そこで施設ケアマネ、リハビリ職員同席し、ご自宅でご家族と在宅のケアマネさんとカンファレンスが開かれました。
そして当老健では、そのカンファの内容から最低限の課題をだし、在宅復帰までのご家族への技術指導を行なう方向になりました。

ちなみにこの利用者さんは、まだお若いのですが生活全般に全介助を要し、座位保持も困難で、最近では嚥下も良好とはいえず吸引することもみられています。
そこまで状態が悪いわけではないので、老健で過ごされる分には何事もないのですが・・・。

カンファレンスも含め、家族環境等を詳しく聞いてみると、安心して在宅復帰をすすめられる家族環境ではなく、施設側も難しいんじゃないかと思っているようです。
実は、在宅の話を強く希望しているのが娘さん(同居ではない)で、実際同居するのは、旦那さんと息子さん。
娘さんが、旦那さんと息子さんを説得した形になっているようです。
そして娘さんは手伝うのかなと思えば、働きに出たいから手伝いはしないらしい・・・。

娘さんの考え的に、ヘルパーにほとんど任せるつもりだったようです。
毎日で、さらには一日に何度もヘルパーを入れる気満々。
家族全員今までの生活のままでいられると勘違いしておりました。
もちろん介護保険内ではまかないきれるはずもないので、自己負担するつもりなのか、ただ単にそこまでしてもらえると勘違いしていたのかはわかりませんが、同居するわけでもないのによくそこまで強くもっていったなとびっくりです。

予定では12月の中旬らしいのですが、その後の話が現場にはまだ来ていないので、技術指導の件も保留中です。
きっと、双方のケアマネさんたちが在宅生活のシュミレーションでもして、再度娘さんに説明はしていると思うのですが・・・。

どうなることやら・・・。



PR
現在、数学の因数分解を勉強中。
少し慣れてきたところですが、実践レベルにはまだまだほど遠い感じです。
基本問題はいいのですが、応用問題になると解けるには解けるのですが、一問解くのに膨大な時間がかかってしまいます。

英語に至っては何が何だかさっぱりわからない。
もうさじを投げたい気分です。

正直、受験本番に間に合うのか不安です。

本日はグループホームでの夜勤バイト明けでございます。
夜勤といっても、とても落ち着いておりほとんど待機状態。

20時に出勤した時には、ほとんどの方がすでに入眠中で、巡視と何人かに眠前薬を配るくらいです。
そのあとは、約2時間おきや物音がしたときに巡視する程度で、朝6時くらいまで自由。
今は、その時間を使って受験勉強をしていますが、テレビや本を見たり、仮眠もOK。

ナースコールもめったに鳴らず、ADL自立されている方も多いので排泄の心配もあまりないです。
たまに放尿したり、トイレに行って自分の部屋がわからなくなったりすることもありますが、概ね皆さん落ち着かれて過ごされています。

もちろん夜間不眠の方もいますが、自室内でいろいろ私物をいじっていて、音が騒がしい程度。
ですが、物音がうるさくて私は眠れはしないです。

そんなほのぼのとしたグループホームでバイトしています。(もちろん本業の老健には内緒で)



ランキング応援お願いします。
にほんブログ村 介護ブログへ


-to0922さん-
たくさんのコメントありがとうございます。
ちょっとした疑問なのですが、施設によって、例えば特養、老健、グループホーム、病院等では職員のレベルの差ってあるのでしょうか?技術的なものではなく、向上心というか介護感というか・・・。
所属する組織(環境)によって変わるとは思うのですが、施設のカテゴリーよっても違いはでるでしょうか?
同じ看護や介護の職種でも、特養と病院では役割や仕事量が違って来ると思います。
仕事量や役割が違えば、個々の意識や仕事に対する向上心も変わるのかなと。
???です。

経験ってとても重要だと思いますが、はたしてどれくらいの経験を積めば良いのか?

とりあえず、私は看護師免許取得後、高齢者施設に戻ってきたいのですが、すぐ戻ってきても全く使い物にならないと思います。
免許取得後、病院で経験を積まなければなりませんが、何年くらいで施設に戻れるのか・・・。

経験は、年数が長くても中身や意識が薄ければ、無駄に長く経験している、もしくは経験になっていない。となってしまいます。
逆に向上心や柔軟さがあって中身がどんなに濃くても、短い年数だと自分自身も周りも不安は否めないと思います。
本来なら、質の高いものを長く継続していくのが良いとは思うのですが、目標のためにある程度の経験が欲しいという場合はどうなるのでしょう?
私にとっては未知です。
妥協するのも違う気がするし・・・。

今後成したいことを考えると、人生時間が限られているのがもどかしいです。
もっと早く自分の道をみつけられたら、決断できたらと思ってしまいます。

生活介護研究所 代表 坂本さんのブログ 老師徒然草 にコメント残したら、そこにコメントをしていた方から私のブログに激励コメントをいただいてしまいました。
現役の看護師さんからで、とても感激です。

私は看護師目指して勉強中(学校の入試勉強)なので、諸先輩方々からのご意見はとても参考になっています。

- HOME -
フリーエリア
カスタム検索
ブックマーク
Suppoted by マッシュアップナビ
Special Thanks to お名前シール
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ