忍者ブログ
日々の独り言を通して、熱い介護職人たちの集う 高齢者福祉・医療の情報交換の場 になったらいいな
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
参加ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 介護ブログへ
 
プロフィール
HN:
DIO
性別:
男性
職業:
介護士(来年度から看護学生)
自己紹介:
4月から看護学生になります。
職業 介護士ではなくなってしまうので、”介護士の独り言”ではなくなってしまうのかなぁ。
4月からは”看護学生の独り言”?
う~ん、微妙・・・。
最新コメント
[06/11 to0922]
[05/06 DIO]
[05/06 DIO]
[05/03 to0922]
[04/22 to0922]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
もしもドロップシッピング Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー powered by  PRチェッカー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ふくしコミュニケーション『ing』主催

第4回 現場のユニットケアセミナー in千葉

7/12 千葉文化センター

チラシいただいたのでUPしておきます。

現場職員の、現場職員による、現場職員のためのセミナーです。

現場のユニットケアセミナー in千葉 チラシ(pdf)
PR
今までSさんにべったりだった、アルツハイマー型認知症のTさん。

案の定、いつも一緒にいたSさんがいなくて、常にそわそわしています。
病院に行っていると説明してあるらしいのですが、すでに空の部屋をのぞきにいったり、時折急に涙されることもみられています。
おそらく何も言わなくても、何かを感じ取っているのでしょう。

今後、急激に認知症が進行しそうな気がして、とても心配です。
常勤も2人しかおらず、昼夜共にバイトや、入所が近そうな素人パートで運営しているグループホームなので、Tさんにしっかりとしたケアができるのか疑問です?

せめて残されたTさんには、穏やかに過ごしてもらいたい!
グループホームのご利用者Sさんがご逝去されました。

85歳で、いつも元気で、とても穏やかで、職員にもご利用者にも人気者でした。
死因は急性心筋梗塞。
前回の私の夜勤の朝に、気分が悪いと起きられず、朝食をとりませんでした。
腹部痛もあり、横になって過ごしてもらっていました。
その際は、バイタルも問題ありませんでしたが、普段がご自分でしっかりと起きて食事される方だったので、とりあえず管理者に連絡して退勤しました。

その日の日中は、体調も戻り元気に散歩して、笑顔で写真も撮っていたようです。

そして翌日の明け方、トイレに起きた際、顔色不良、苦痛表情があり、管理者に連絡。
管理者から院長へ。
その数時間後に静かに息を引き取ったそうです。

幸い苦しむこともほとんどなく、職員間、ご家族へもスムーズに連携がとれ、ご家族は満足されていたそうです。


ここでは皆さん安定され過ごされていたので、私の中で安心しきっているところがありました。
いくら元気でもいつ何があるかわからないということを忘れていたため、とても衝撃が大きかったです。

いっそう気を引き締めていかなければと、再確認させられる出来事でした。
バイト先のグループホームでは、すでに五月人形が飾られています。
もう四月も中旬にさしかかる頃なので、時期的にはこんなもんなのかなといった感じです。

ですが実は、日をさかのぼると三月の二十日頃から、すでに2階の畳の上に飾られていたのです。
その頃はさすがに利用者さんも、「まだ三月なのに・・・」と。

そして昔のことを聞いてみると、人形を飾るのは裕福な家だけだったらしく、誰一人として飾ったことがないそうです。
ですから、季節は感じられるけど身近なものではないようで、飾ってあろうがなかろうがどうでもいいとの声が多く聞かれていました。

50代のパート職員に聞いても、やはり家に人形を飾ることはなかったそうです。

桃の節句、端午の節句にはひな人形、武者人形を飾るというイメージが強いですが、実際人形を飾れる家庭が増えたのは、ここ2、30年くらいからなのかなと、経済的な発展をグループホームにて感じた出来事でした。
グループホームでの夜勤中の出来事です。


私はこたつに入って仮眠をとっていました。

ふと目が覚めると人の気配がしていたので、誰かトイレにでも起きたのかなと思い起き上がると!!

なんとこたつのテーブルの部分がなくなっていました。

何が起こったのかわからず、しばらく固まってしまいました。

ふと我に返りあたりを見回すと、そこにはさらに驚愕の光景が・・・!


なんと収集癖のあるTさんが、必死にこたつのテーブルを自分の居室に運び込んでいるじゃありませんか。
ここまでのスケールの収集癖は見たことがなく、驚きのあまり開いた口がふさがりませんでした。

驚きと好奇心からしばらく眺めておりましたが、さすがに大変そうだったので、
「大変そうですね。これは重いからやめた方がいいと思いますよ。」
と声をかけると、
「あ~、重かった。」と言って、
テーブルを返してくれました。

無事奪還終了です!!


普段は持ってきたものを、タンスの引出しの服の下に隠しているTさんです。

大物はどこにしまおうとするのでしょうか?
気になります。

運ぶの手伝ってあげればよかったでしょうかねぇ?

また同じような機会があれば、最後まで見届けようと心に誓いました。
- HOME -
フリーエリア
カスタム検索
ブックマーク
Suppoted by マッシュアップナビ
Special Thanks to お名前シール
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ