忍者ブログ
日々の独り言を通して、熱い介護職人たちの集う 高齢者福祉・医療の情報交換の場 になったらいいな
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
参加ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 介護ブログへ
 
プロフィール
HN:
DIO
性別:
男性
職業:
介護士(来年度から看護学生)
自己紹介:
4月から看護学生になります。
職業 介護士ではなくなってしまうので、”介護士の独り言”ではなくなってしまうのかなぁ。
4月からは”看護学生の独り言”?
う~ん、微妙・・・。
最新コメント
[06/11 to0922]
[05/06 DIO]
[05/06 DIO]
[05/03 to0922]
[04/22 to0922]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
もしもドロップシッピング Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー powered by  PRチェッカー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうすぐ今の職場を退職し学生になります。

利用者さんやそのご家族には一切話してはいないのですが、なぜか知っている方がおりました。


ご家族同伴で女性利用者Oさんの臥床介助中、

Oさん
「私は言いふらしてないわよ」

いきなり何を言い出すんだ???
私は、
「え、何がですか?」
そしてOさん間髪入れず、
「私は知ってるのよ。ここやめちゃうんでしょ?他の所に行くの?」

なんで知ってるんだおっかねぇと思いつつも、いきなりの話題に頭が回らず、
そしてご家族も会話に入ってきてしまい、ついぽろりと、

「学校に行くんだよ。まだまだ未熟だからもっと勉強しないとね。」

うまくはぐらかせませんでした。

するとOさん、
「あなたがいなくなったら私はどうすればいいのよ!私より先にいなくならないでぇ~!」
と、泣き出してしまいました。

はぁ~、泣かせてしまった・・・。

そのあとは私も何かしら言ったのでしょうけど、頭の中が真っ白でほとんど覚えていません。
ご家族もフォローしてくれて、なんとかその場は落ち着きましたが、「はぁ~、やってしまった」という感じです。

予想外の会話だったとはいえ、うまく対処できなかった。
未熟だ!

でも、利用者さんに惜しんでいただけたのはとてもうれしい。
申し訳ない気持ちにもなるが、それでもやっぱり介護職としての喜びを感じる。

今が一つの節目になったが、今まで頑張ってきて良かったと心から思いました。
そして、これからも頑張っていける”力”をもらいました。

早く現場に戻ってきたいと、強く思います。
PR
明治生まれの、とても小柄なばあちゃんAさん。
みんなの人気者です。

移動はつたい歩きや手引き歩行、調子が悪そうなときは車いすです。

「歩くの辛かったらおんぶしようか?」と、ついつい言ってしまうほど、とても素敵で人気者のAさんです。

認知症もありますが、いつもは「みんなに笑われるからいいよ」とか、「歩けなくなったら困るから」と、とても頑張り屋です。
日中も、食事以外はほとんど寝て過ごされてますが・・・。


そんなAさんが手引き歩行されてトイレに向かっておりました。
そして私はその通り道で、ちょうどしゃがんで他の利用者さんと話をしていました。
私はAさんに気づき、何も言わずにしゃがんだまま背中を差し出すと、いつもは断るのになんとおぶさってきました。

そして、私の頬を後ろからガブリっ!

3回ほど噛みつかれ、Aさんを見ると・・・。

Aさん、満面の笑みでした。

そしてそのまま、おぶってトイレ前まで・・・。

「おんぶは恥ずかしいんじゃなかったの?」と聞くと、

Aさん「今日は誰も見ていないから」と言っていました。

しかし、実際は利用者さんも職員もみんなみており、声をあげて笑っておりました。

Aさん、なぜかそのことに気づいていないので、内緒にしておきました。


不機嫌なことの多いAさんですが、今日はとても機嫌の良い一日だったみたいです。

というわけで、今晩Aさんが具合悪くなったら、私を噛んだせいでしょう。
歯がないので私は痛くはなかったのですが、なんか具合悪くなりそうですよねぇ。

頬から変態エキスが出ていたりね・・・。

茨城出身のとある男性利用者さんのお話です。

「Oさんは、仕事何してたんですか?」
とたずねると

Oさん訛りながら
「俺か?俺はルンペンだ!」

さらに質問
「ルンペンって何ですか?」

すると、やはり訛って
「ルンペンはなぁ、乞食のことだぁ。」

「ふ~ん・・・」

数分後、再度質問
「Oさん、仕事何してるんですか?」

Oさん訛って
「無職だぁ!」

「・・・」

いつのことを言っているんだろう・・・?
現在?それとも過去?

長崎から帰ってきた次の日。

肺炎で入院していた、私の担当のじい様が亡くなられました。

併設の診療所に入院していたので、いつもならお見送りするのですが、その日に限って入浴の中介助。
昼の休憩時に初めて聞かされ、すでに診療所を発った後でした。

入院して1週間経っていないんじゃないかな。
早かった。
あとからきいた話によると、実は肺炎ではなく末期の膵臓ガンで、あちこちに転移していたらしい。

私たちは何をやっていたのだろう・・・。

私の担当で一番長く、老健なのに4年位一緒にいました。
色々と考え悩みながらケアを提供していたのを思い出します。
特に排泄はいろいろな方法を試したなぁ・・・。

なんか久しぶりに身近な”死”に直面しました。
誰の死でも辛いですが、担当だと余計にきます。

ですが私にできることは、乗り越えて前に進んでいくしかありません。
ときどき後ろを振り返りながら・・・。
私が夜勤バイトしているグループホームは、以前と変わらずほのぼのしておりました。

久しぶりの現場は、
一名、熱発されておりましたが、どうやらインフル(-)なようでひと安心です。

しかし、私のお気に入りのばぁちゃんが他施設に移っており、非常に残念でした。
居室のドアに飾ってある写真は、市原悦子に似ている人でした。
実物はそんなに似ていないですけど・・・。
残念です。

他の方はお変わりなく過ごされていて安心しました。

一緒にこたつに入って、ほのぼのしてきました。

本職の老健には1/30に復帰します。
こちらは不安だらけですが、その前に明日の本命校の受験が控えているので、さらに不安です。
- HOME -
フリーエリア
カスタム検索
ブックマーク
Suppoted by マッシュアップナビ
Special Thanks to お名前シール
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ