忍者ブログ
日々の独り言を通して、熱い介護職人たちの集う 高齢者福祉・医療の情報交換の場 になったらいいな
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
参加ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 介護ブログへ
 
プロフィール
HN:
DIO
性別:
男性
職業:
介護士(来年度から看護学生)
自己紹介:
4月から看護学生になります。
職業 介護士ではなくなってしまうので、”介護士の独り言”ではなくなってしまうのかなぁ。
4月からは”看護学生の独り言”?
う~ん、微妙・・・。
最新コメント
[06/11 to0922]
[05/06 DIO]
[05/06 DIO]
[05/03 to0922]
[04/22 to0922]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
もしもドロップシッピング Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー powered by  PRチェッカー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DSCF1172.JPG 

和歌山の南紀白浜アドベンチャーワールドです。












DSCF1299.JPG






中に入るとすぐに噴水が!








DSCF1175.JPG良く見るとなぜかペンギンが泳いでいます。











PR
和歌山ホテル
和歌山での宿泊ホテルです!

ゴルフクラブのホテルでしたが、無料のテニスコートやフットサル場もあり、部屋も広々としており大人数で泊まったら楽しそうな感じでした。


ホテル内には、ビリヤードやダーツができるところもありましたよ。

最近ダーツにはまっており、ホテル到着後ひたすら投げておりました。

P1000150.JPGP1000151.JPG初のハットトリック達成です!
















退職から入学までの、約2週間のプー期間でちょっと遊んでまいります。

明日から、和歌山までパンダ見学に!

現場でせっせと働いてる皆さん、申し訳ない。
頑張ってください!
退職の際に施設から頂いたもの。

皆さんからのありがたぁ~いお言葉と立派な花束。

そう、私が一番もらって困るのが花束なんです。

もらう人がもらえば、とてもうれしいのでしょうが、私にとってはただの悩みの種。

男が花束をもらっても・・・みたいな感じもするし、何より困るのがその後の処理!
家に飾るのもどうかと思うし、+面倒臭い。
しかも生モノなのでダメにもなるし。

かといって、せっかくの頂き物を捨てるわけにもいかないし、正直困ってしまいます。

というわけで、バイト先のグループホームにあげてきてしまいました。

ホーム長さん大喜びでした。
女性(特に年配の方)は、花束うれしいらしいのです。

しかも無理やり3千円ほど渡されました。
引き取ってもらって大助かりだったので、もちろん断りましたが、さすがおばちゃん強引です。

結局受け取ってしまい、なんか罪悪感が・・・。
あくどいことやってしまったのかなぁと思います。

まぁ、なにはともあれ無駄にならずにすんで良かったぁ!

昨日、ついに最終勤務を終え無事退職いたしました。

正直、良い施設とは口が裂けても言えないところですが、いざ退職となると非常に寂しく感じました。

私が入職してから、主任の退職から始まり、介護長退職→現在も不在のまま、主任副主任の一新、事務長が変わったり、主任制度廃止→リーダー制、リーダー制廃止→主任副主任制、看護主任退職等々。

わずか5年の間に組織内の変革だけでもたくさんありました。
もちろん職員も安定せず、入れ替わりが激しかったです。

フロアでは、ケア内容について皆相違があったりしましたが、表だって意見をしなかったり、施設側からユニットケアの導入を強制されるも、途中でやっぱりやらなくていいと言われたり・・・。
利用者層もだんだんと変わってきて、かなりリスキーな方が極端に増えました。


そんな激動の中必死になって突き進んできたからこそ、今の自分があるのではないかと思います。
過酷な試練?の連続で、自分自身入職当時より格段に成長したと感じています。
上司に反面教師がたくさんいてくれたからこそ、気づくことも多く、視野が広がり、行動力、計画性、交渉力、大局的なものの見方もできるようになりました。

今では本当に、たくさんのダメな大人たちに感謝しています。


が、当然挫折していった心ある職員の方が、圧倒的に多いのです。

良い環境で、上司に恵まれていたら、もっとたくさんの職員が今もがんばり続けていたことでしょう。

でも私はきっとその清流の中で、正統派の素直だけど撃たれ弱い介護職に成長していたでしょう。

濁流の中だからこそ、ひねくれてはいるが根が強いあきらめない介護職になれたのだと思います。


挫折から立ち直った人間は強いと思います。
これからもわずかながら、そんな人間を世に出していくことでしょう。
願わくば、もう少し組織をしっかりと作りあげていってほしいですね。

これからも頑張れ、私の所属していた某老健!!
- HOME -
フリーエリア
カスタム検索
ブックマーク
Suppoted by マッシュアップナビ
Special Thanks to お名前シール
フリーエリア
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ